三洋物産商事

社長挨拶

当社は人々の生活を豊かにする商材・サービスを提供できる企業を目指し2012年に設立されました。
若い企業ではありますが、設立同年にはEコマース事業を主力としている株式会社アウトレットプラザの全株式を取得し、翌年にはグループ連結売上高50億円を達成しています。
また社員は大手企業で経験を積んだ人脈豊富なベテランが中心となり、設立から順調に大手企業との取引を実現し成長してきています。
現在は商社機能を中心に、飲食事業、不動産事業、保険代理店事業を展開しており、さらなる成長のために事業の多角化を進めています。

「まずは5年、10年、そしてその先へ」

ある調査会社のデータによると、設立5年で約85%の企業が廃業・倒産になるとされています。設立10年ではたったの6.3%ほどしか存続していないそうです。
当社も若い会社であり、これらの壁に当然直面していくことと思います。壁を壊し未来を創っていくためにも、チャレンジ精神旺盛な若い社員を採用しながら、経験優れるベテラン社員とが一丸となって、変化する環境の中でも、時代に合った新しい価値観を見出し成長していけるような企業を目指していきます。

「若手へのメッセージ」

中小企業は、大企業に比べると安定感では劣るものの、本人のやる気や努力次第では若いうちから任される責任が大きく「働くことのおもしろさ」を実感することができると思います。
人の寿命には必ず限りがありますが、企業の場合は必ずしもそうとは限りません。世代交代による事業の承継により、未来に繋げていくことができます。
熱い情熱を持って、次の時代に残るような企業を一緒に作れる仲間との出会いを待っています。

2015年3月
三洋物産商事 代表取締役 小倉達哉

トップのページヘ戻る